訪問看護ステーション「ケアポートしもだ」のブログ
訪問看護ステーション ケアポートしもだは在宅療養のお手伝いをさせて頂きます。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by FC2USER961520RVQ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

食中毒に気をつけましょう!



6月に入り雨の季節となりました。
雨も大切な役目がありますが、気分的に憂鬱になってしまうのが梅雨の時期ですね。梅雨の時期が終わると活動的な夏の季節が待っています。

6gatu.png

6月から8月くらいまでに多く発生するのが食中毒です。
今月のブログは食中毒を防ぐポイントをお話させて頂きます。

食中毒を引き起こす原因は細菌とウイルスです。
目に見えないのでやっかいですよね。
細菌は温度や湿度などの条件がそろうと食べ物の中で増殖し、その食べ物を食べる事により食中毒を引き起こしてしまいます。
ウイルスは低温や乾燥した環境中で長く生きていて、食べ物の中では増殖しませんが、食べ物を通じて体の中に入り、人の腸内で増殖し食中毒を引き起こします。

6月から8月に多い食中毒の原因となるのは細菌です。
今回は細菌をメインとした食中毒について説明したいと思います。
細菌の種類として、よくニュースなどでも聞いたことのある腸管出血大腸菌(O157、O111など)・カンピロバクタ-・サルモネラ属菌などです。
このような細菌は室温が約20℃から活発に増殖し始め、人や動物の体温ぐらいの温度で増殖のスピードが最も早くなります。
また、細菌の多くは湿気が大好きなので今の時期に食中毒が増えてしまうというわけです。

それでは食中毒にならないためには、どんな予防が必要でしょうか。
皆さんも知っていると思いますが、もう一度再確認してみましょう。
・細菌を食べ物に「つけない」=手洗いをしっかりしましょう。
・食べ物に付着した最近を「増やさない」=食材などは冷蔵庫に入れましょう。
・食べ物や調理器具に付着した細菌を「やっつける」=しっかりと熱を入れてから食べましょう。
予防をしっかりとし、愛情のあるおいしい食事でジメジメ季節を乗り越えて、夏の暑さに負けないようにしましょう。

6gatu.jpg

最後に、吐いてしまったり下痢の症状は、食中毒の原因となった菌やウイルスを外に出そうと体が一生懸命に戦っている証拠なのだそうです。自己判断で市販の下痢止めの薬を服用する前に早めに医師の診断を受けましょう。
スポンサーサイト
by FC2USER961520RVQ  at 17:19 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

はじめまして!



はじめまして。事務の吉田です。
ケアポートしもだはアットホームな職場だと感じています。
今は教わっている段階で覚えることに精一杯の状態ですが、訪問看護の制度についての理解を深め、正確に手際良く仕事を進めていくことが大切だと感じております。
円滑にケアが行われるように、少しでも早く覚えてサポートできるようになりたいと思っています。
まだまだ至らないことばかりですが、よろしくお願い致します。

趣味

写真は趣味で時々観に行っている、アイスホッケーのチームマスコットです。アイスホッケーはスピード感や迫力があり展開が早いため、ギリギリまでどちらが勝つのか分からないのが魅力です。今シーズンの試合は終わりましたが、近くで開催されているスポーツは他にもあるので、これからの時期もスポーツ観戦を楽しみたいと思います。

梅の花


そろそろ桜が咲き始める時期で少しずつ寒さが和らいでいきそうですね。下田公園の桜が咲くのも待ち遠しいです。
by FC2USER961520RVQ  at 16:25 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

初めまして!



初めまして!
1月から勤務している吉田と申します。

毎日先輩方と一緒に訪問させていただき、勉強中です。
訪問看護は『病気や障害を持った方が、住み慣れた場所でその人らしく生活できるように、看護師が生活の場に訪問し適切なケアを提供すること』です。
私も早く利用者様に顔と名前を覚えていただき、皆様に必要とされるケアを提供できるように頑張っていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

寒がり冷え性の私は春の訪れが待ち遠しいです✿
我が家の2歳の息子は保育園で覚えたひなまつりの歌を毎日熱唱しています(^_^;)
インフルエンザや胃腸炎もまだ流行が続いていますので、体調管理には気を付けていきましょう!


ひな祭り




by FC2USER961520RVQ  at 16:39 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

風邪にご注意を!



あけましておめでとうございます
今年の干支は戌ですが、正確には「戊戌(つちのえいぬ)」と言われる年です。
草木が繁盛して盛大になることを表す戊と、草木が枯れて次に生命を繋ぐことを表す戌がひとつになった、表裏一体の年と言えます。
花を咲かせるためには捨てる勇気も必要なのかもしれません。
伝統や歴史を重んじながらもそれに縛られすぎず、新たなチャレンジによって前進していきたいと思います。
スタッフ一同、当グループの理念に掲げられているホスピタル精神を大切にし、利用者様一人ひとりが「今ひとたび、また」輝くことができるようご満足いただけるサービスを心がけるとともに、訪問看護のさらなる可能性を最大限に発揮できるよう精進して参ります。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

011.jpg
チャチャ男です!   

厳しい寒さが続き、風邪やインフルエンザが流行しております。
手洗い・うがいを心がけましょう。
ところで風邪をひきやすい人、ひきにくい人がいると言われます。
その違いに、食事も関係していると言われているそうです。
風邪予防には、
・たんぱく質
・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンE 等
以上の栄養素を積極的に摂ったほうが良いと言われていますが…。
本当にしんどいとき、食欲がないときは、無理に食べるよりは水分をこまめに摂るようにして胃腸を休ませてあげたほうがいいそうです。
風邪に関しては様々な情報がありますが、基本的には体を温める食べ物、体を温める運動、十分な睡眠を大事にして日頃から丈夫な体をつくっておきましょう。    
担当 三木

by FC2USER961520RVQ  at 08:20 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

対人援助・スピリチュアルケア



とうとう、今年もカレンダーが1枚になって しまいましたね。皆さんいかがおすごしですか?

私はといえば、今年は本当に、忙しかった。無我夢中で過ごした1年でした。
忙しすぎて、我を失うこともしばしば・・・
時間に追われながら生きるのは自分には合わないなあと疲れがピークに
達していた矢先、スピリチュアルケア研修に参加し、対人援助技術を使い、
相手の苦しみをケアをしていく方法とその理論について学ばせて頂きました。
と、同時に自分のスピリチュアルペインにも気づくことが出来ました。

苦しみとは、客観的状況と、主観的想い・願い・価値 観のずれで構成されています。
そのずれを小さくし苦しみを和らげる援助。それがスピリチュアルケア。

これは、現象学に基づいており、まず、研修では意識の志向性により現れる現象が
変わってくるということを学びました。そこで時間に追われ、時間に向いていた
自分の意識の志向性を変えることが出来ました。
私達の専門性は患者様の苦しみを、なくしたり、軽くすることです。

その具体的な方法は、「傾聴」です。
皆さんは、傾聴をどう定義づけますか?

スピリチュアルケアのための傾聴は、相手の語りの反復と待つことが要となります。
その繰り返しにより、相手は最終的には自己の存在意義を自ら見つけ出すといいます。
援助者が答えを出すのではありません。 そこでの相手の語りから信頼感が生まれ、
援助者自身も死生観を深めていく。2人は横並びの関係となります。

私達は、医療(看護)の科学技術や、介護の自己実現論の 限界に遭遇することがしばしばありますが、
スピリチュアルケアは、それを超えて患者の苦しみを 和らげることが出来、最期まで有効であるといいます。

これからの訪問看護で実践させて頂き、 患者様のスピリチュアルペインに出会い、
そして、ケアしていけたらと思っております。

          晩秋のカワヨ牧場

追伸
  どんな時も、どんなひとも何もいわず受け入れ、包
  みこんでくれる大自然。言葉なき援助者に幾度と
  なく癒された1年でした。  山本

by FC2USER961520RVQ  at 21:59 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。