訪問看護ステーション「ケアポートしもだ」のブログ
訪問看護ステーション ケアポートしもだは在宅療養のお手伝いをさせて頂きます。

明石海峡大橋



今回の担当は 三木 です。

桜の開花を心待ちにする季節ですが、気温の変化や花粉症に悩まされる時期でもあります。

手洗い・うがいをこまめに行い、規則正しい食事や睡眠を心がけるとともに、ストレスをため込まないよう日常に適度な気分転換や運動を取り入れ、免疫力を高めていきましょう。

ところで私事ですが、つい先日、親戚の法事があり、四国へ行ってきました。
その道中、明石海峡大橋を渡りました。
ワイヤーの美しい曲線がすごい迫力で目の前に広がり、海峡に行き交う船が彩りを添え、その眺めは圧巻でした。

1

2


最初に橋を架けたいと思った人がいて、こんなに大きな橋を、小さな人間がよく作ったものだと感心しました。
「願うことはかなうこと」であることを実感し、夢をもつことの大切さをしみじみ感じました。

1本のワイヤーの力は小さくても、たくさんのワイヤーが集まることで、この世界最長といわれる吊り橋が支えられていると思うと、人間の英知はすばらしいと感じるとともに、訪問看護においても同じことが言えるように感じます。

私達は、多様なご利用者様のニーズに応えるために、皆で協力し合いながら、一人ひとりがそれぞれの役割で持てる力を発揮し、チームケアを志しています。 また、私のように訪問看護に携わってまだ経験の浅い者でも、チームで支えてくれます。

今回お休みをいただき、心も身体もリフレッシュして、明日への英気を養うことができました。

これからも、利用者様とご家族様の気持ちに寄り添いながら、ご自宅での療養生活を支援させて頂くなかで、かゆいところに手が届くような細やかなケアが提供できるよう、日々スタッフ間で連携し情報共有を欠かさず行っていきたいと思います。
スポンサーサイト
by FC2USER961520RVQ  at 19:26 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

チームワーク



こんにちは、今回担当の山本です。
この頃めっきり、春めいてきましたが皆さんいかがお過ごしですか?
県南に春を告げる、えんぶりも閉幕しましたね。
いよいよ、春の到来で、何かわくわくしてくるのは私だけでしょうか。
毎年ゆっくり見れずにいたえんぶりでしたが、今年、縁あって名川の
斗賀地区のえんぶりを鑑賞することができました。
太夫の他、鳴子方、唄い手など3歳~70歳代の老若男女が総勢20~30人もいたでしょうか。
未完成なものをも、大事に育みながら1つのステージを作り上げる様子に感動しました。
世知辛い世の中で、ホット心が温かくなる貴重な時間を過ごすことができました。

IMG_0249.jpg
         ~躍動感あふれる舞~

地域の伝承芸能を絶やさないために、世代を超えて受け継いでいくひとの営みをみるにつけ
我が事業所、「ケアポートしもだ」と重なり熱い想いにかられました。
私はこの2年間ケアポートしもだで、たくさんのことを教えて頂きました。

アラフォー世代の私は同じことを何度も聞いてしまうのですが、嫌な顔せず、繰り返し繰り返
し教えてくださる先輩方に感謝です。まさに未完成なものを育む精神だと思います。
私達医療者は、利用者様の命を守っているという気概で働いています。もちろん、ミスは許されません。
「わからないこと、あやふやなことは、必ず声に出してみんなで確認しあおう」と
言ってくれます。

ちょっと照れくさいですが、私はひそかにこのチームワークが大好きです。
世の中全般、要求される知識は刻々と変わり、今日の知識は明日にはもう使えないような
時代になってきている今日この頃です。医療知識や医療技術もしかりです。
そんな中で、役にたつのがチーワークだと思います。ひとりで出来ないことも、
様々な人間が様々な視点で知恵を出し合うことで乗り越えていけるのだと思います。

手前みそな話で恐縮ですが、先日、利用者様を訪問中
「あなた達、チームワークいいわよね。」
とほめて頂きました。
個人を特定して褒められるよりはるかにうれしいコメントを頂き、仕事に対するモチベーションがあがって
いる私です
チームメンバーは私達スタッフだけではありません。利用者様を中心としたチームです。
利用者様の希望される、在宅療養となるよう、利用者様やご家族様、ケアポートしもだのスタッフ
それぞれの良さや強みを出し合いながら、チーム一丸となって、頑張りましょうね。
春に向かい、これからもますますよろしくお願いします。


yamamoto.jpg
      早春の日の出~朝の散歩より~
by FC2USER961520RVQ  at 13:28 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑