訪問看護ステーション「ケアポートしもだ」のブログ
訪問看護ステーション ケアポートしもだは在宅療養のお手伝いをさせて頂きます。

師走ですね。



こんにちは
今月担当の手原です

早いもので12月に入り10日が過ぎました。
日も短くなり訪問を終えてくるともう暗くて月がくっきりです。

DSC01882.jpg


雪もチラチラし、街のあちこちでイルミネーションを見かける様になり、
クリスマス気分が味わえますよね。
イルミネーションは(特に青や緑色)癒しを与えてくれるそうですよ。
この時期思い出すのは、ディズニーランドで見たイルミネーションの素晴らしさです。
ディズニーランドはいつにも増して「夢と魔法の国」になります。
老若男女誰でも幸せな気分になれる特別な空間・・・
ディズニーランド・
でぃずにー

実は先月、日米のディズニーランドで働いた事のある
講師の研修を受けてきました。
なぜあの様な素晴らしい「魔法の国」が出来るのか。
そこにある最高のサービスをお話ししていただきました。

ご存じの方も多いと思いますが、ディズニーランドは、
正社員が1割しかいない中、徹底したサービスが日々なされています。
そこにどのようなスタッフ教育がされているのかと考えるのですが、
実は、細かいマニュアルはなく、そこにあるのは
「ゲストにハピネスを」という使命感だけなのだそうです。
お客様を大切にするとはどういう事なのかは、教わることでは無く、
自分が今までに友人や家族としたやさしさのやり取りを基に、
考え行動に起こす事が最高のおもてなしに繋がるといいます。

そんなディズニーのスタッフでも、
半分はお客様に怒られているとのこと。
この事は意外でしたが、そこにも、ただ怒られるのではなく、
本気で叱られるという心の持ちようが紹介されていました。
今後、ディズニーに行く方は、
少し視点を変えて
スタッフを見てみると面白いかもしれませんね。

聞けば聞く程、自分はなんて未熟なの・・と思ってしまう程、
スタッフの意識の高さに、ただただ感心するばかりでした。
泣いたり笑ったり体を動かしたりと、あっと言う間の4時間でした。
私の文章力では伝えきれませんが、充実した時間であったのは確かです。
利用者様をより知ることで、その方にとってのかけがえのないサービスを見つけ出し、
提供することが出来れば、これこそが満足のいくサービスになるということを
学ぶことができました。
今後、日々の仕事を振り返り、自分がそこに居る意味を改めて考え、
今回の事を活かしていかなければと、思います


スポンサーサイト
by FC2USER961520RVQ  at 18:14 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する