訪問看護ステーション「ケアポートしもだ」のブログ
訪問看護ステーション ケアポートしもだは在宅療養のお手伝いをさせて頂きます。

福祉住環境コーディネーター



皆さん、こんにちは。 一年中、釣りをしている長内です。
7月頃からアナゴ釣りにシフトしていましたが、今年は去年と比べると、あまり数が延びません。先日、久しぶりにチカの唐揚げが食べたくなって、サビキ釣りをして来ました。


サバとイワシがうるさくて大変でした。我が家ではサバとイワシは喜ばれないので、リリースです。チカとアジは唐揚げにして美味しくいただきました


私事ですが、先日、福祉住環境コーディネーター2級に合格しました
前々からこの資格を取ろうと考えていましたが、ようやく重い腰をあげて取り組みました。
理学療法士とケアマネの知識で何とかなるかと、甘い考えで問題集を開くと、あれあれ??
参考書を買って、本腰を入れて勉強しました。
四十過ぎて固くなった頭には、少しこたえました。
やはり普段から勉強していないと、頭が錆びてしまうのですね。

 住宅改修で多い場所はトイレと浴室で、過半数を占めるそうですが、その他にも玄関や廊下など段差の多い日本家屋では、問題となりうる箇所が様々あります。
 住宅改修と聞くと、大がかりでお金がかかるイメージをされる方も多いと思いますが、介護保険や助成制度を利用できる場合もありますし、福祉用具や方法の工夫で解決する場合もありますので、是非ご相談下さい。
家屋改修は、現状の能力だけでなく、ご本人や介護者の将来像や同居家族の共同スペースにも配慮して行うことが望まれます。必要最小限で効果的に行われないと、お金ばかりかかって、使えない物になってしまう恐れもありますのでご注意下さい。
 上手に改修できれば、介護負担軽減と安全な生活を確保でき、在宅生活の継続に繋げられると思います。
スポンサーサイト
by FC2USER961520RVQ  at 19:22 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する