訪問看護ステーション「ケアポートしもだ」のブログ
訪問看護ステーション ケアポートしもだは在宅療養のお手伝いをさせて頂きます。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by FC2USER961520RVQ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

熱中症に気を付けましょう。



今回担当の看護師の吉田です。
テレビでは、連日のように記録的猛暑と報道されていますね。
青森県も30℃超えの日が続いていましたが、急に気温が下がって寒くなってしまう日もあり、体調管理が難しいお天気が続いています。
今回は、熱中症について、お話したいと思います。
毎年、熱中症で亡くなる方は高齢者が多く、特に注意が必要です。
★「暑いからかかる」わけではない!
熱中症とは、高い気温や湿度が原因で起こる様々な症状のことをいいます。
暑いからといって、全員が熱中症にかかるわけではなく、その人の状態によっても変わってきます。
熱中症を放置していると、最悪は死亡してしまう場合もあります。
熱中症の重症度

計画的な水分・塩分の補給
特に高齢者は、喉の渇きを感じにくい為、工夫してこまめに摂るようにしましょう。
体の水分が汗として排出される場合、塩分も一緒に排出されてしまいます。
塩分が調節された経口補水液を飲んだり、梅干しや塩分補給用の飴を食べるなど、工夫してみましょう。
ただし、持病がある方は塩分を控えた方がよい場合がありますので、主治医に相談しましょう。

【自宅で作れる経口補水液】
○水 500ml
○砂糖 大さじ2
○塩 小さじ1/4
○お好みでレモン汁を加えても♪
※作り置きはせずに、1日で飲み切るようにしましょう。

涼しく過ごせる環境を整える・エアコンや扇風機を利用して、27~28℃前後に室温を管理しましょう。
・外出時は直射日光を避け、帽子や日傘、冷却グッズ等を利用する。
・風通しの良い衣服を身に着ける。
・運動や激しい作業をする際は、定期的に十分に休息を取り入れる。

暑さを乗り切り、元気に過ごせるよう工夫していきましょう!
スポンサーサイト
by FC2USER961520RVQ  at 17:49 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。